誤飲の対処!幼児が誤飲したときの応急処置の方法。幼児が誤飲したときの対処は水や牛乳を飲ませ指などを入れて吐かせ誤飲除去します。

応急処置!幼児の誤飲の応急処置の方法

応急処置「誤飲」誤飲の応急処置の方法について。
幼児が誤飲したときの応急処置は水や牛乳を飲ませてから
指などを入れて吐かせ誤飲除去するのが原則ですが、
なかには吐かせると余計に危険なものもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 誤飲の対処 幼児の誤飲の応急処置の方法

誤飲の対処 幼児が誤飲したときの応急処置


誤飲の応急処置の基本

幼児が誤って何かをのみ込んだときには、水や牛乳を飲ませてから
指などを入れて吐かせるのが原則ですが、
なかには吐かせると余計に危険なものもあるので注意しましょう。

幼児がのどにものをつまらせ、呼吸がしにくく
顔色が悪くゼーゼーして苦しそうなときはすぐに救急車を呼んでください。

幼児の誤飲の応急処置
病院に行くときのチェックポイント
幼児が誤飲しやすい物

■吐かせてから病院へ連れて行くもの
たばこ
化粧水
防虫剤など
■吐かせずにすぐに病院へ連れて行くもの
洗浄剤、漂白剤、強い酸やアルカリ剤、灯油やガソリンなどの燃料
揮発性のある化粧品(マニキュアなど)
ボタン電池など
■そのまましばらく様子をみるもの
台所用洗剤
せっけん
クリーム
クレヨンなど

▲このページの先頭へ↑



幼児の誤飲の応急処置(誤飲除去の応急処置)


■乳児(1歳以下の子供の場合)
1歳以下の乳児が
誤飲しやすい大きさは直径32mm×長さ57mm以下のものです。
このサイズより小さいものを飲み込むと危険です。

◇ 吐かせ方 ◇
つまったものが見える場合は体を横向きにして、
  子供の口の中に中指、人差し指を入れてかき出します。

うつぶせにして腕にまたがらせるような状態で子供を乗せ、
  指であごを支えて頭を少し下げ、手のつけ根で、
  肩甲骨と肩甲骨の間をすばやくたたいて吐かせます。

のんだものが取り出せず呼吸や心臓が止まったときは、
  吐かせることと心臓マッサージをしながら、
  救急車を待ち病院へ向かいます。
■幼児(1歳以上の子供の場合)
◇ 吐かせ方 ◇
大人は立ちひざの状態で座り、子供の胃の部分を
  立てたひざの上にあたるようにのせます。
  そのままの状態であごに手を添えて子供の頭を低くさせて、
  手のつけ根で肩甲骨と肩甲骨の間をたたくと吐かせます。

子供を後ろから抱きかかえ、両手を胃のあたりで組みます。
  握ったこぶしでみぞおちのあたりを強く押し上げて
  吐かせる方法もあります。

のんだものが取り出せず呼吸や心臓が止まったときは、
  吐かせることと心臓マッサージをしながら、
  救急車を待ち病院へ向かいます。

▲このページの先頭へ↑



病院に行くときのチェックポイント


■子供を病院へ連れて行くときには以下のことをメモしてから行きましょう。
いつごろ何をどれくらいの量飲んだのか?
顔色が悪いなど子供に変った様子はないか?
けいれんなどの症状は起こしていないか?
子供の意識ははっきりしているか?
誤飲したものが入っていた容器、説明書などがあれば持って行きます。

▲このページの先頭へ↑



幼児が誤飲しやすい物

たばこ、硬貨、ボタン、電池など
殺虫剤、薬品、洗剤、化粧品など
ピーナッツや豆類、あめ、おもちゃなど

▲このページの先頭へ↑




スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

事故ケガ・応急手当一覧


スポンサードリンク





学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ