熱中症の症状。熱中症(日射病・熱射病)の応急処置と予防方法。熱中症(日射病・熱射病)は応急処置で体温を下げます

応急処置!熱中症(日射病・熱射病)の応急処置

熱中症の応急処置!熱中症の応急処置の方法について。
熱中症(日射病・熱射病)になると体温の調節機能がまひしてしまい、
そのまま放置すると命にかかわるため、
熱中症は応急処置で体温を下げます。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 熱中症の症状 熱中症(日射病・熱射病)の応急処置

熱中症の症状 熱中症(日射病・熱射病)の応急処置の方法


熱中症(日射病・熱射病)の応急処置

日射病や熱射病になると
体温を調節するための機能がまひしてしまい、
40℃以上に体温が上昇して、汗もかかなくなってしまい、
吐き気や頭痛のほか意識を失ったりしてしまいます。

そのまま放置すると命にかかわるため、
体温を下げるための応急処置をおこなって、
救急車を呼び病院に連れて行く必要があります。

■熱中症(日射病・熱射病)と思ったら まず体温を下げる応急処置が必要です
木陰など風通しのよい日陰やクーラーが効いている室内などに
  移動します。この際クーラーの風を直接あてないこと。
  皮膚から水分が失われ、かえって脱水が進んでしまう場合があります。

衣服をゆるめ体にこもった熱を奪うために、頭や体に
  冷たいタオルを当てて体温を下げます。
  氷などの準備ができれば、首・脇の下・太ももの付け根などに
  あてて冷やすと体温を下げるのに効果的です。

意識がある場合は水分を補給し医者へ連れて行きましょう。
  水分補給にはスポーツドリンクや少量の塩を加えた水などが
  効果的です。

意識がないときや反応が鈍いときは緊急事態ですので、
  無理に水分を飲ませず、すぐに救急車を呼びましょう。


■子供の日射病・熱射病の予防のために大人がしっかり見守ります
子供の体調を整えましょう。
  睡眠不足やかぜぎみのときなど、子供の体調がよくないときは
  炎天下の外出や激しい運動は控えましょう。

子供の服装に気をつけましょう。
  体温調整の機能がまだ未熟な子供には、通気性・吸湿性のよい
  涼しい服装を着せて、外出時には帽子をかぶらせて
  直射日光を避けましょう。

水分補給を小まめにさせましょう。
  子供には、汗をよくかくので、のどが渇いたと感じる前に
  水分を補給させて脱水を防ぎましょう。
  特に夏場は水分と一緒に塩分も補給できる
  子供用のスポーツドリンクがおすすめです。

室内や車内も子供にとっては危険です。
  乳幼児など幼い子供はクーラーのない
  夏場の暑い室内や車内でも熱射病になってしまいます。
  室温には気を配って適度にクーラーや扇風機などを使って
  室温の調整をしましょう。

自覚症状がないうちに熱中症になることがあります。
  体温調節機能が未発達な赤ちゃんや子供は、
  自覚症状がないうちに熱中症になることがあります。
  予防には、日常の生活でも 携帯型熱中症計などをもちいて
  熱中症の危険度を常に把握して、早めに対応することが大切です。


日射病・日射病について詳細は…こちら




スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

事故ケガ・応急手当一覧


スポンサードリンク





学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ