百日ぜきの症状と対処法。赤ちゃんや乳幼児の病気

乳幼児の病気!症状と対処 「百日ぜき」

乳幼児の病気!赤ちゃんと乳幼児の病気「百日ぜき」の症状と対処。
百日ぜきは百日ぜき菌によって起こり、伝染力が強く、
せきをおもな症状とする病気です。乳幼児や赤ちゃんがかかりやすい
病気ですが3種混合ワクチンで予防できます。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 百日ぜきの症状と対処法

百日ぜき(ひゃくにちぜき)の症状と対処法


こんな病気,乳幼児,病気

百日ぜきは百日ぜき菌によって起こり、せきをおもな症状とする病気です。

伝染力が強く、初夏から秋にかけて流行します。
現在は生後3カ月から受けられる
3種混合ワクチン(百日ぜき、ジフテリア、破傷風)の
予防接種の普及できわめて少なくなりました。

かかりやすい年齢は
0〜3歳くらいまでの赤ちゃんや乳幼児で、
せきやくしゃみによる飛沫感染で感染します。

この病気は、母親から免疫を受け継ぎにくいので、
生まれたばかりの赤ちゃんでもかかります。

特に、生後6カ月以下の赤ちゃんが感染すると、症状が重くなり、
肺炎などの合併症を起こすと命にかかわることがある病気です。

一度かかると一生免疫ができるため、二度とかかることはありません。


症状,乳幼児,病気

症状:鼻水、くしゃみ、せき、微熱など、かぜと同じ症状です。


対処,乳幼児,病気

対処法:発熱は、ないことが多く、あっても微熱なのがひとつの特徴です。
この時点では医師でも、百日ぜきとはなかなかわかりません。

初めはかぜのような症状が一週間くらい続き、
しだいに激しくコンコンコンコンとせき込むようになり、
息を深く吸い込むと、ヒューという笛のような音(レプリーゼ)がします。

せきは特に夜間に激しくなり、
爆発的なせきが連続して起こるため、息を吸うことができず苦しみます。

赤ちゃんや乳幼児では、
せきの後に呼吸が止まったりすることがあるので、
入院して人工呼吸が必要です。

百日ぜきの免疫は、
母親から受け継いでいないので、赤ちゃんでもかかる病気です。

1歳未満の赤ちゃんは重症化しやすいので、早めに受診したほうがよいでしょう。

百日ぜきの治療には、抗生物質を服用します。
薬を飲んでも、すぐにせきは治まりませんが
2週間くらい経過すると、せきは徐々に軽くなっていきます。

しかしその後も百日ぜきの名前のように、数ヶ月間はせきが残ります。

百日ぜきの予防には3種混合ワクチン(百日ぜき、ジフテリア、破傷風)が効果的です。

通常、予防接種は6ヶ月を過ぎてから受けますが、
6カ月くらいまでの赤ちゃんの百日ぜきがいちばん怖い時期ですので、
生後3カ月をすぎた時点で医師と相談して早めに受けることもできます。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

子供の病気[病名検索]一覧


スポンサードリンク

アセトン血性嘔吐症

あせも

アトピー性皮膚炎

アレルギー性鼻炎

胃・十二指腸潰瘍

インフルエンザ

炎症性斜頸

嘔吐下痢症

おたふく 流行性耳下腺炎

おむつかぶれ

外耳炎

外反扁平足

かぜウイルス性発疹症

かぜ症候群

花粉症

川崎病

感染性胃腸炎

気管支炎・肺炎

気管支ぜんそく

急性喉頭炎(仮性クループ)

急性胃腸炎(ウイルス性)

急性胃腸炎(細菌性)

急性腎炎

急性脳炎

急性鼻炎

切れ痔

近視・遠視・乱視

筋性斜頸

クループ症候群(喉頭炎)

結核

血管性紫斑病

結膜炎

口内炎

肛門周囲膿瘍

骨折

細気管支炎

さかさまつげ

斜視

周期性嘔吐症

小児ストロフルス

食中毒

食物アレルギー

腎盂腎炎

神経芽細胞腫

じんましん(蕁麻疹)

髄膜炎

脊柱側わん症

ぜんそく様気管支炎

先天性股関節脱臼

鼠径ヘルニア

単純ヘルペス発疹症

中耳炎

虫垂炎

腸重積症

肘内障

つき指

手足口病

鉄欠乏性貧血

てんかん

突発性発疹

とびひ(伝染性膿痂疹)

乳児湿疹

乳児脂漏性湿疹

日射病・熱射病

乳糖不耐性下痢症

尿路感染症

熱性けいれん

ネフローゼ症候群

内反足

涙目(鼻涙管閉塞)

ねんざ

はしか(麻疹)

鼻血

ばね指

反復性耳下腺炎

皮膚カンジダ症

百日ぜき

風疹

プール熱(咽頭結膜熱)

副鼻腔炎

憤怒けいれん

噴門弛緩症

ヘルパンギーナ

ヘルペス性口内炎

扁桃炎

膀胱炎

マイコプラズマ肺炎

慢性腎炎

水いぼ

水ぼうそう(水痘)

虫刺され

ものもらい(麦粒腫)

幽門狭窄症

薬疹

溶連菌感染症

りんご病(伝染性紅斑)

ロタウイルス性下痢症

O脚・X脚

RSウイルス感染症

 


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ