斜視の症状と対処法。赤ちゃんや乳幼児の病気

子供の病気!症状と対処 「斜視」

赤ちゃんの病気!乳幼児の病気「斜視」の症状と対処。
斜視は、左右の目の視線が一致せず、両目で同時に同じ目標点を
見ることができない状態で手術や治療が必要になることもある
赤ちゃんや乳幼児がなりやすい病気です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 斜視の症状と対処法

斜視(しゃし)の症状と対処法


こんな病気,子供,病気

斜視は、左右の目の視線が一致せず、
両目で同時に同じ目標点を見ることができない状態です。

目標物から視線がずれているほうの目が斜視の目です。

視力の発達する赤ちゃんから乳幼児期に、斜視のほうの目が使われずにいると、
眼鏡でもよい視力が得られない弱視となって、
両眼視のはたらきの成長が失われることがあります。

黒目の位置は生後3〜6カ月の赤ちゃん期でほぼ安定し、
両眼視(両目で目標物を見ること)は、6歳までにほぼ完成するので、
斜視のほとんどが3〜4歳くらいまでに見つかります。

斜視は片方の目が目標より内側にずれる内斜視、外側にずれる外斜視、
上にずれる上斜視、下にずれる下斜視などの種類があります。

赤ちゃんは、もともと相対的に目と目が離れています。
目と目の間の距離があると、
横を見たときに黒目が内側に入りすぎているように見えることになります。
専門医にみてもらうと、この場合、赤ちゃんでは「偽内斜視」であることが多いようです。

これは、本当の意味での内斜視ではなく、そのように見えるだけなので
成長に伴って気にならなくなりますし、目の機能にはなんの影響もありません。

また斜視には、遠視が原因で起こる「調節性内斜視」もあります。
これは、遠視のメガネをかけることで、斜視を矯正できます。


対処,子供,病気

対処法:生まれつきの先天性内斜視では2歳を目安に手術を行います。
乳幼児のときに、片方の黒目が内側(鼻側)に著しく寄っていることで発見できます。

遠視が原因となる調節性内斜視は、遠視が強い乳幼児にみられます。
普通、近くを見るときには、両方の黒目が内側に寄りますが、
遠視があるとさらに強い調節が必要となり、
そのため、一層両目が寄って内斜視となるのです。

外斜視は、遠くを見たり、疲れてきたりしたときに、特にはっきり目立ってきます。
ふだんは目の位置が問題ない場合が多いので、
視力や両眼視機能は正常に発達することもあり、急いで手術の必要はありません。

調製性内斜視は遠視用の眼鏡をかけると、
近くを見るときに無理な調節をしなくても見えるようになります。
特に目立つようなら、小学校入学前に手術をします。

これ以外の斜視は、目を動かす外眼筋を調節する手術をし、
目の位置を正しく調整します。

両眼視のはたらきをつけるためには、
手術後に視能矯正と呼ばれる目の訓練を行います。
斜視は早く見つけて、適切な治療をすれば、両眼視のはたらきをつけることができます。

また、斜視には網膜芽細胞腫や視神経萎縮など、
重大な病気が隠れている場合があります。
少しでもおかしいと感じたら小児科医に相談し小児専門眼科を
紹介してもらい受診しましょう。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

子供の病気[病名検索]一覧


スポンサードリンク

アセトン血性嘔吐症

あせも

アトピー性皮膚炎

アレルギー性鼻炎

胃・十二指腸潰瘍

インフルエンザ

炎症性斜頸

嘔吐下痢症

おたふく 流行性耳下腺炎

おむつかぶれ

外耳炎

外反扁平足

かぜウイルス性発疹症

かぜ症候群

花粉症

川崎病

感染性胃腸炎

気管支炎・肺炎

気管支ぜんそく

急性喉頭炎(仮性クループ)

急性胃腸炎(ウイルス性)

急性胃腸炎(細菌性)

急性腎炎

急性脳炎

急性鼻炎

切れ痔

近視・遠視・乱視

筋性斜頸

クループ症候群(喉頭炎)

結核

血管性紫斑病

結膜炎

口内炎

肛門周囲膿瘍

骨折

細気管支炎

さかさまつげ

斜視

周期性嘔吐症

小児ストロフルス

食中毒

食物アレルギー

腎盂腎炎

神経芽細胞腫

じんましん(蕁麻疹)

髄膜炎

脊柱側わん症

ぜんそく様気管支炎

先天性股関節脱臼

鼠径ヘルニア

単純ヘルペス発疹症

中耳炎

虫垂炎

腸重積症

肘内障

つき指

手足口病

鉄欠乏性貧血

てんかん

突発性発疹

とびひ(伝染性膿痂疹)

乳児湿疹

乳児脂漏性湿疹

日射病・熱射病

乳糖不耐性下痢症

尿路感染症

熱性けいれん

ネフローゼ症候群

内反足

涙目(鼻涙管閉塞)

ねんざ

はしか(麻疹)

鼻血

ばね指

反復性耳下腺炎

皮膚カンジダ症

百日ぜき

風疹

プール熱(咽頭結膜熱)

副鼻腔炎

憤怒けいれん

噴門弛緩症

ヘルパンギーナ

ヘルペス性口内炎

扁桃炎

膀胱炎

マイコプラズマ肺炎

慢性腎炎

水いぼ

水ぼうそう(水痘)

虫刺され

ものもらい(麦粒腫)

幽門狭窄症

薬疹

溶連菌感染症

りんご病(伝染性紅斑)

ロタウイルス性下痢症

O脚・X脚

RSウイルス感染症

 


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ