子供の病気 せきの対処法。せきがでる症状の子供の病気。せきがでる病気の子供の病名と症状・対処法

子供の病気 「せき」 症状と対処

子供の病気「せき」の症状と対処。「せき」がでる症状の
乳幼児や子供がかかりやすい病気について掲載しています。
子供が「せき」をだす症状には、
さまざまな病気があり、病名によって対処法もかわってきます。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 子供の病気[せき]

子供の病気 [せき]がでる症状の「病名・対処法」

スポンサードリンク


気管支炎・肺炎

かぜの症状からはじまり、ひきつづいて発熱があり、痰がからまりゼロゼロとした湿ったせきがでるようになる気管支炎は乳幼児と子供がかかりやすい病気です。炎症が肺まで進

気管支炎・肺炎

気管支ぜんそく

気管支ぜんそく(小児ぜんそく)はゼーゼー、ヒューヒュー(喘鳴)と、息をうまく吐くことができず、苦しがり発作が起きる乳幼児と子供がなりやすい病気です。発作が起こる

気管支ぜんそく

ぜんそく様気管支炎

ぜんそく様気管支炎は2歳以下の赤ちゃんや乳幼児に多く見られる病気で、ぜんそくのような症状が出る気管支炎です。感染により気管支粘膜からの滲出液が多くなり、その結果

ぜんそく様気管支炎

百日ぜき

百日ぜきは百日ぜき菌によって起こり、せきをおもな症状とする病気です。伝染力が強く、初夏から秋にかけて流行します。現在は生後3カ月から受けられる3種混合ワクチン(

百日ぜき



急性喉頭炎(仮性クループ)

急性喉頭炎(仮性クループ)は気管の入り口にあたる喉頭にウイルスや細菌に感染して炎症が起こり苦しそうなせきが出る乳幼児や子供がかかりやすい病気です。夜間、急に犬が

急性喉頭炎(仮性クループ)

結核

結核は、結核患者のせきや飛沫の中にいる結核菌を吸い込んで肺に感染して起こる病気です。乳幼児がかかると、結核性髄膜炎を発症して死につながることもある危険な病気です

結核

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマと呼ばれる、ウイルスと細菌の中間のような微生物による感染症で乳幼児よりも5〜10歳の子供がかかりやすい病気です。マイコプラズマ

マイコプラズマ肺炎

細気管支炎

細気管支炎は気管支の末端部分に炎症が起こる病気です。赤ちゃんや2歳以下の乳幼児が冬にかかりやすい病気で、とくに小さな赤ちゃんは注意が必要です。枝分かれした気管支

細気管支炎




スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ