嘔吐・噴門弛緩症の症状 赤ちゃんの病気の対処法。噴門弛緩症「嘔吐」の病気。赤ちゃんの噴門弛緩症の症状と対処法

赤ちゃんの病気 「嘔吐」 噴門弛緩症

赤ちゃんの病気「嘔吐」噴門弛緩症の症状と対処。嘔吐する症状の
「噴門弛緩症」は赤ちゃんや乳幼児に起こりやすい病気です。
噴門弛緩症は、噴門という胃の入り口の筋肉が弱いために
飲んだミルクや母乳が逆流して吐いてしまう症状です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 嘔吐・噴門弛緩症

嘔吐・噴門弛緩症(ふんもんしかんしょう)


こんな病気,子供,病気

噴門弛緩症は、噴門という胃の入り口の筋肉が弱いために
飲んだミルクや母乳が逆流して吐いてしまう症状で
赤ちゃんや乳幼児に起こりやすい病気です。

特に赤ちゃんは噴門の筋肉が生まれつき弱いために、
飲んだおっぱいやミルクが胃から逆流し嘔吐してしまいます。

飲ませても吐いてしまっては、赤ちゃんも栄養を取ることができません。

月齢が大きくなるに従って噴門の筋肉が発達し、
2歳ごろまでにはほとんど自然に治ります。

特別な治療を要することはありませんが、
1日に何度も吐いたり、
下痢を伴う場合などは別の病気の可能性もあるので、
念のため受診しましょう。

大抵、吐いても元気がよいのが特徴です。


症状,子供,病気

症状:嘔吐


対処,子供,病気

対処法:赤ちゃんの胃はもともとくびれが少なく逆流がおこりやすいことに加え、
授乳中に空気を飲み込みやすいことなどの理由から、嘔吐しやすい特徴があります。

飲むたびに吐いていると、体重が増えず栄養障害を起こしやすいので気をつけましょう。

また、吐いた母乳やミルクが肺に入って肺炎になったりすることもあります。

体重があまり増えずに心配なときは、医者に相談してみましょう。

噴門弛緩症の赤ちゃんは、
振動があると飲んだものが逆流するのでゲップをさせるときには注意が必要です。

噴門弛緩症の場合はミルクや母乳を飲んだ後1時間ほど起したままにしたり、
仰向けではなく顔だけでも横向きに寝かせて、上半身を高くしておくとよいでしょう。

また1回の授乳量を減らして回数を増やしたり、
小まめにげっぷをさせるなどの工夫をしましょう。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[嘔吐]をする症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ