嘔吐・幽門狭窄症の症状 赤ちゃんの病気の対処法。肥厚性幽門狭窄症「嘔吐」の病気。赤ちゃんの肥厚性幽門狭窄症の症状と対処法

赤ちゃんの病気 「嘔吐」 幽門狭窄症

赤ちゃんの病気「嘔吐」幽門狭窄症の症状と対処。嘔吐する症状の
「幽門狭窄症」は1万人に5人程度の赤ちゃんが発症する病気です。
肥厚性幽門狭窄症は、生後2〜3週間ごろから
母乳やミルクの通りが悪くなって噴水のように嘔吐します。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ >嘔吐・幽門狭窄症

嘔吐・幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)


こんな病気,子供,病気

肥厚性幽門狭窄症は、
幽門という胃から十二指腸につづく周辺の壁が、
生まれた直後からこの筋肉が厚くなっていくために
母乳やミルクの通りが悪くなっていく病気で
食物などが胃で止まり、逆流を起こし嘔吐してしまいます。

遺伝性はなく1万人に5人程度の赤ちゃんが発症します。

肥厚性幽門狭窄症は男の子の赤ちゃんに多くみられます。

もともと赤ちゃんは吐きやすいものですが、
幽門狭窄症の赤ちゃんは、生後2〜3週間ごろから嘔吐がはげしくなり、
多量にガバッと吐いたり、噴水のように大量に吐く症状が特徴です。

毎日数回、授乳のたびに噴水のように吐きますが
吐いたあとも、赤ちゃんはおっぱいをほしがります。

しかし飲んでも嘔吐を繰り返すので
飲んだものが栄養として吸収されずに体重が少しずつ減っていったり
水分も十分にとれないため脱水状態になったりしてしまいます。

肥厚性幽門狭窄症の原因はまだわかってはいません。


症状,子供,病気

症状:飲んだものを噴水のように吐いてしまう。体重が増えない。脱水状態になる。


対処,子供,病気

対処法:肥厚性幽門狭窄症の症状は、生後2〜3週間ごろからみられるようになります。

赤ちゃんの場合は
通常の嘔吐との区別がつきにくいのですが、
体重が減っているようであれば、この病気が疑われます。

噴水状の嘔吐がある場合は、1カ月健診を待たずに小児科を受診しましょう。

治療方法は
狭窄してしまった幽門の筋肉を緩めさせる薬物(硫酸アトロピン)を投与します。

この方法で8割の赤ちゃんは完治します。

薬が効かない場合は狭窄した幽門を広げる手術により完治します。

比較的簡単な手術で、
手術後12時間くらいで赤ちゃんは母乳やミルクを飲めるようになり、
入院も1週間程度ですみます。

退院するころには必要なミルクの量を
きちんと飲めるようになり体重も増加するようになっていきます。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[嘔吐]をする症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ