発熱・神経芽細胞腫の症状 子供の病気の対処法。神経芽細胞腫「熱」の病気。子供の神経芽細胞腫の症状と対処法

子供の病気 [発熱] 神経芽細胞腫

子供の病気「熱」神経芽細胞腫の症状と対処。発熱が主な症状の
「神経芽細胞腫」は乳幼児や子供が発症しやすい病気です。
現在は神経芽腫と呼ばれる小児がんの一種で
半数以上は2歳以下の乳幼児が発症する病気です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 発熱・神経芽細胞腫

発熱・神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ)


こんな病気,子供,病気

神経芽細胞腫は、現在は神経芽腫と呼ばれる小児ガンの一種で、
大部分は5歳以下の子供に発症し
半数以上は2歳以下の乳幼児が発症する病気です。
小児ガンでは白血病についで患者数が多い病気です。

腹部の神経芽腫ではおなかにしこりを触れることが多く、発見のきっかけになります。
ガンができた場所によっては、せき、呼吸困難、手足のまひ、頻尿などの症状も出ます。


症状,子供,病気

症状:初期症状として発熱、手足のはれや痛み、腹痛、不機嫌などが見られますが、
神経芽腫に特有の症状というのは特にありません。


対処,子供,病気

対処法:神経芽腫は特有の初期症状がない上に、進行が早く転移しやすいので、
発見されたときにはかなりの進行度であることも少なくありません。

しかし、1歳未満で発見される例は、乳乳児では治りやすいことがわかっています。
1歳未満の乳幼児が診断される神経芽腫の多くは悪性度が低く、
手術や抗がん薬による化学療法などで95%を超える生存率が得られています。
また自然に治ることもあります。

1歳以降に発症する神経芽腫では腫瘍が大きく切除不能であったり、
診断時にすでに骨やリンパ節などに遠隔転移を認める場合が多いので
手術、化学療法、放射線療法、
造血幹細胞移植(骨髄移植や末梢血幹細胞移植)などを組み合わせた
積極的な治療が行われます。

遠隔転移を伴った場合には5年を超える生存率は30%程度で
治療成績はいまだに良くありません。
最近、わが国でも予後不良な神経芽腫に対して臨床試験を行い、
有効な治療法を開発する検討が始まっています。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[発熱]が主な症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ