発熱|髄膜炎・脳炎の症状 子供の病気の対処法。髄膜炎・脳炎「熱」の病気。子供の髄膜炎・脳炎の症状と対処法

子供の病気 [発熱] 髄膜炎・脳炎

子供の病気「熱」髄膜炎・脳炎の症状と対処。高熱が主な症状の
「髄膜炎・脳炎」は乳幼児や子供がかかりやすい病気です。
かぜやおたふくかぜ、はしか、風疹などにかかったあとに
合併症として起こることが多い病気です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 発熱・髄膜炎・脳炎

発熱|髄膜炎・脳炎(ずいまくえん・のうえん)


こんな病気,子供,病気

髄膜炎・脳炎は、かぜやおたふくかぜ、はしか、風疹などにかかったあとに
合併症として起こることが多い病気で乳幼児や子供にも起きやすい病気です。

脳の表面をおおっている膜のことを髄膜といい、
ここに細菌やウイルスなどが感染して炎症を起こすと髄膜炎で、
脳そのものに炎症が起きると脳炎となります。

高熱や嘔吐、頭痛などの症状が続き、
うとうととするといった意識障害が出てきます。

髄膜炎の原因が
ウイルスの場合は無菌性髄膜炎(ウイルス性髄膜炎)、
細菌の場合には細菌性髄膜炎(化膿性髄膜炎)といいます。

おたふくかぜや夏かぜによる髄膜炎などはウイルス性髄膜炎です。

ウイルス性の髄膜炎は症状も軽くすむことが多いです。

しかし、細菌性髄膜炎の場合は、
あまり多い病気ではないですが
特に早期発見・早期治療が大切となってきます。

細菌性髄膜炎はとても進行が早く、
特に低月齢の乳幼児は症状を見つけにくいので注意が必要です。

脳炎は、インフルエンザ脳炎や日本脳炎をよく耳にします。

インフルエンザウイルスや日本脳炎ウイルスに感染しても
発病することは少ないのですが、
抵抗力の乳幼児や子供が発病すると、命にかかわる病気です。

現在では予防接種が普及したので、日本脳炎はほとんど見られなくなっています。


症状,子供,病気

症状:高熱、嘔吐、頭痛


対処,子供,病気

対処法:髄膜炎・脳炎では、早期発見と早期治療が大切となってきます。

高熱が続いたり、嘔吐、機嫌が悪くてぐずりっぱなしなどの
症状が見られたら、すぐに受診しましょう。

髄膜炎の検査は髄液を取って診断します。

ウイルス性の髄膜炎の場合は、ほとんどが髄液を抜くだけで症状が軽快します。

細菌性髄膜炎は抗生物質による治療が2週間から1カ月必要です。

後遺症の心配はまずありません。

脳炎も、早期治療が大切なので、
症状が少しでもおかしいと思うときには、すぐに病院を受診しましょう。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[発熱]が主な症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ