発熱・川崎病の症状 子供の病気の対処法。川崎病「熱」の病気。子供の川崎病の症状と対処法

子供の病気 [発熱] 川崎病

子供の病気「熱」川崎病の症状と対処。発熱が主な症状の「川崎病」は
乳幼児や子供におこりやすい病気です。
川崎病は、急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群とよばれ、
原因が不明でいろいろな症状が次々と出てくる病気です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 発熱・川崎病

発熱・川崎病(かわさきびょう)


こんな病気,子供,病気

川崎病は、急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群とよばれ、
発熱、手足の変化、発疹、目の充血、リンパ節の腫れ、全身の血管の炎症など、
いろいろな症状がみられる原因不明の乳幼児と子供がなりやすい病気です。

発症年齢は4歳以下の子供が80%以上を占め、
特に6ヶ月〜1歳の乳幼児が50%を占めています。


症状,子供,病気

症状:川崎病という病気は、原因が不明でいろいろな症状が次々と出てくる病気です。
6つの症状のうち5つ以上あれば川崎病と診断されます。

*5日以上続く原因不明の発熱(38℃〜40℃)が続く
*目が充血する
*全身に赤い不定型発疹がでる
*唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤
*手足がかたくはれ、手のひらや足の先が赤くなる(手足の硬性浮腫、膜様落屑)
*首のリンパ節が腫れる(有痛性の非化膿性頸部リンパ節腫脹 )


対処,子供,病気

対処法:川崎病は、合併症として心臓の障害を起こすことがありますので、
入院して十分な検査と治療を受ける必要があります。
通常は1カ月くらいで退院できます。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[発熱]が主な症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ