発熱|日射病・熱射病の症状 子供の病気の対処法。日射病・熱射病「熱」の病気。子供の日射病・熱射病の症状と対処法

子供の病気 [発熱] 日射病・熱射病

子供の病気「熱」日射病・熱射病の症状と対処。熱が主な症状の
「日射病・熱射病」は赤ちゃんや子供にも起こる症状です。
暑さで体温のコントロールができなくなり、
急激に体温が上昇して生命にかかわる大変危険な病気です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 発熱・日射病・熱射病

発熱|日射病・熱射病(にっしゃびょう・ねっしゃびょう)


こんな病気,子供,病気

日射病は真夏の炎天下の海辺など、
外で強い直射日光にさらされたために起こります。

また、熱射病は蒸し暑いところに長時間いたために起こります。

どちらも暑さのために体温のコントロールができなくなり、
熱がたまって急激に体温が上昇したことが原因です。

赤ちゃんや乳幼児は皮膚からもどんどん水分が失われ、
脱水状態に陥り、ときには生命にかかわることもある大変危険な病気です。

日射病や熱射病は日頃から大人がしっかりと気をつけてあげなければなりません。


症状,子供,病気

症状:顔が赤い、体が熱い、元気がない、おしっこの量が少ない、皮膚に弾力がない、
顔色が悪い、水分を与えても飲めない、意識がない、けいれん


対処,子供,病気

対処法:赤ちゃんや乳幼児が日射病・熱射病になった場合、
脱水症状の進み方が早いため、大変危険です。

症状がみられた場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

脱水症状を起こしているときの対処は、涼しい日陰などに連れていき、
衣服をゆるめ、頭を高くして寝かせましょう。

頭や体には冷たいタオルを当てて体温を下げます。
このとき、冷房や扇風機などの風を直接体に当てたりすると、
皮膚から水分が失われ、かえって脱水が進んでしまいますので注意しましょう。

水分を補給するときは、一気にたくさん飲ませると吐いてしまうこともあるので、
少しずつ与えることが大切です。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[発熱]が主な症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ