発熱・尿路感染症の症状 子供の病気の対処法。尿路感染症「熱」の病気。子供の尿路感染症の症状と対処法

子供の病気 [発熱] 尿路感染症

子供の病気「熱」尿路感染症の症状と対処。発熱が主な症状の
「小児尿路感染症」は乳幼児や子供にも起きる病気です。
小児尿路感染症は、尿路に細菌・真菌
あるいはウイルスなどが感染することによって炎症を起こします。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 発熱・尿路感染症

発熱・尿路感染症(にょうろかんせんしょう)


こんな病気,子供,病気

小児尿路感染症は、尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)に
細菌・真菌あるいはウイルスなどの病原体が入り、
感染によって炎症を起こす乳幼児や子供に起こる病気です。

尿路感染症には
上部尿路感染症(腎盂と尿管の感染症)と
下部尿路感染症(膀胱と尿道の感染症)があります。

炎症を起こしている場所によって、
腎盂腎炎、膀胱炎などと呼び名が変わりますが、
乳幼児の場合には感染した場所を特定しにくいため、
まとめて尿路感染症と呼んでいます。

尿路の短い女の子に多く見られますが、
赤ちゃんや乳幼児期には男の子に多い病気です。

原因の90%以上は細菌による感染で、その中でも大腸菌が最も多くなっています。

赤ちゃんの場合は、
かぜでもないのに高熱が出てぐあいが悪いときや
発熱を何度も繰り返すというときなどは、
尿路感染症を疑い、早めに医師の診察を受けましょう。


症状,子供,病気

症状:発熱、腰や背中の痛み、頻尿、排尿時痛


対処,子供,病気

対処法:尿路感染症では
上部尿路感染症の症状として、高熱、腰や背中の痛みがみられます。

また下部尿路感染症の症状は、
しょっちゅうトイレに行く(頻尿)や排尿時に痛む(排尿時痛)などがあります。

大人なら、膀胱炎になった時点で
排尿痛や頻尿などの不快症状で感染に気づきますが、

赤ちゃんや乳幼児の場合は症状をうまく伝えられないので、
感染が上部の尿路に進み、
腎盂腎炎になって高熱を出すまで感染に気がつきにくいです。

膀胱炎は抗生物質を服用して治療します。

腎盂腎炎になっている場合は、適切な抗生物質を用いて
尿の状態が改善するまで入院し、十分に治療することが必要となります。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[発熱]が主な症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ