発熱・はしか(麻疹) 病気の子供の症状・対処法。はしか(麻疹)「熱」の病気。子供のはしか(麻疹)の症状と対処法

子供の病気 [発熱] はしか(麻疹)

子供の病気「熱」はしか(麻疹)の症状と対処。発熱が主な症状の
「はしか(麻疹)」は乳幼児や子供がかかりやすい病気です。
麻疹ウイルスに感染することによって起こる急性伝染病で、
伝染力が強く乳幼児が比較的重症になりやすい病気です。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 発熱・はしか(麻疹)

発熱・はしか(麻疹)ましん


こんな病気,子供,病気

はしか(麻疹)は、
麻疹ウイルスに感染することによって起こる急性伝染病で、
乳幼児や子供がかかりやすい病気です。

一度かかると一生免疫ができるため、二度とかかることはありません。

一般的に、かかりやすいのは2〜6歳の時期で
はしかに感染すると、約10日で発病します。

はしかの麻疹ウイルスは伝染力が強く、いっしょに遊んだだけで感染します。

肺炎や脳炎、中耳炎なども起こしやすく、
乳幼児は比較的重症になりやすい病気なので注意が必要です。

はしかのワクチンが定期予防接種として行われるようになって、
はしかにかかる子供は減少しています。

はしか(麻疹)はかぜのような症状で始まり、食欲がなく機嫌が悪くなり、
同時にせき、くしゃみ、鼻水、頭痛、めやに、目の結膜充血などがみられ、
38℃前後の熱が出てきます。

乳幼児では、嘔吐や下痢をすることがあります。

2〜3日すると、口の中の両方の頬の内側粘膜に、
1mmぐらいの針で刺した点のような、ケシ粒大の白い斑点が現れてきます。

この斑点が“コプリック斑”と呼ばれ、はしかの決め手となる症状です。


症状,子供,病気

症状:かぜのような症状(発熱・鼻水・せき)、コプリック斑(口の中に斑点が出る)


対処,子供,病気

対処法:はしか(麻疹)の予防としていちばん有効なのは予防接種ですので、
1歳をすぎたら予防接種を受けるのが一般的です。

保育園に通っている赤ちゃんは、
1歳を待たずに受け、1歳をすぎてから再度受け直します。

また、兄弟や一緒に遊んだ子供がはしかにかかっていた場合は、
麻疹ウイルスに感染している可能性が高いので、
発症する前に予防的にガンマグロブリンを注射することがあります。

ガンマグロブリンを感染後6日目ぐらいまでに接種すると、
発症を防いだり、かかっても軽くすませることができます。

しかし効果は1カ月程度しか続かないので、かからなくてすんだ場合でも、
免疫を作るためには、はしかの予防接種を受ける必要があります。

治療は中耳炎や肺炎を予防するため、抗生物質も用います。

全身状態が悪いときは入院することもあります。

発熱は、ふつう発疹が出てから4日ほどで下がります。

熱が下がらない場合は、肺炎や中耳炎、
さらには脳炎などを起こしているのかもしれません。
もう一度、小児科を受診しましょう。

また、熱が下がってからも、はしかをうつしてしまう可能性があるので、
3日間くらいは外出を避け、ほかの子供には近づかないようにしましょう。

家庭では、かぜと同じように対処します。
脱水状態にならないよう、水分を十分に与えましょう。

通常、発病後6〜8日で回復期に入り、
10日〜2週間くらいで、完全に治ることが多いです。



スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

[発熱]が主な症状の子供の病気一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ