目の病気。結膜炎や斜視、ものもらい(麦粒腫)など目の病気の子供について病名一覧と症状や対処法

子供の病気 「目の病気」 症状と対処

子供の病気「子供の目の病気」結膜炎や斜視、ものもらい(麦粒腫)など
子供の目の病気について病名一覧と症状や対処法を掲載しています。
子供のかかりやすい目の病気の病名を調べて
症状や対処法を知ることができます。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > 目の子供の病気

目の子供の病気



近視・遠視・乱視 結膜炎 さかさまつげ
斜視 涙目(鼻涙管閉塞) ものもらい(麦粒腫)


近視・遠視・乱視


こんな病気,子供,病気

近視・遠視・乱視は屈折異常のことで、眼球内に入ってきた平行光線が、
調節力を働かせていない状態で、網膜上の間違った位置に焦点を結んでしまう状態で
乳幼児や子供もなりやすい病気です。

光が網膜より手前で像を結んでしまうのが近視、
近くのものはよく見えますが、遠くのものはぼけてしまいます。

光が網膜より後ろで像を結んでしまうのが遠視。
遠くのものも、近くのものもピントがぼけてしまいます。

乱視は角膜や水晶体のゆがみから、光の方向によって屈折が異なり、
ものがぼやけたり、何重にも見えます。


症状,子供,病気

症状:目つきがおかしい、ころびやすい、顔を斜めにして見るなど


対処,子供,病気

対処法:乳幼児は、うまく目を動かすこともできず、視力も弱いのですが、
目つきや動作に気になる点があったら、できるだけ早く眼科を受診しましょう。

両方の目でしっかり見るという訓練ができず、
視力の発達が遅れて弱視になるおそれもあります。

治療は、3歳くらいから始める必要があります。
3歳児健診には、視力検査も受けておくことが大切です。

自宅でできる小学生の視力回復の方法は…こちら

▲このページの先頭へ↑




結膜炎


こんな病気,子供,病気

結膜炎は、結膜にできる炎症のことで白目が充血し、
黄色い目やにが出る乳幼児と子供がなりやすい病気です。

大きく分けると細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎に大別され
治療法も異なります。

乳幼児や子供の場合、先天的な病気が隠れている場合もあるので
早めに気づいて、治療することが大切です。

細菌性結膜炎は、黄色っぽい目やにがたくさん出ますが、軽くすむことが多いようです。

ウイルス性結膜炎は涙が多くなり、目の充血もはげしく、
まぶたがはれ上がるほか、発熱などのかぜのような症状を伴うこともあります。
症状が重くなりやすいので注意が必要です。

流行性角結膜炎や急性出血性結膜炎などは
ウイルスが原因のウイルス性結膜炎です。

アレルギー性結膜炎は目のかゆみと涙が主な症状で、
目やには出ないのがふつうです。
ただし、赤ちゃんの時期はほとんど見られず、
だいたい3〜4歳以降の乳幼児と子供がかかりやすい病気です。


症状,子供,病気

症状:白目の部分が充血、黄色い目やにが出る


対処,子供,病気

対処法:白目の部分の充血、黄色い目やにが出るなどの症状が出たら、
まずは眼科を受診して細菌性のものか、ウイルス性のものか、
アレルギー性のものかを診断してもらいましょう。

ウイルス性結膜炎の場合、伝染力の強いウイルス性結膜炎が
家族に感染しないように目やにはティッシュペーパーでふき取り、そのつど捨てましょう。
タオルも家族と別の専用のものを使うようにし、こまめに手洗いもしっかりしましょう。

細菌性結膜炎なら、抗生物質の点眼薬をつけて2〜3日で治ります。

アレルギー性結膜炎の場合は、アレルギーの原因を突き止め、
それをできるだけ除去することが大切です。


▲このページの先頭へ↑




さかさまつげ


こんな病気,子供,病気

さかさまつげは、下まぶたのまつげが内側を向いて生えてくる病気
で赤ちゃんや乳幼児によく見られます。
生後6カ月までの赤ちゃんにはほとんど起こります。

まつげが角膜に当たって、涙や目やにが出やすく充血なども症状があります。
赤ちゃんは、もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、
さかさまつげになりやすいのです。
1〜2歳になると脂肪が少なくなって、まつげが外向きになり、
成長とともに自然に治っていくことがほとんどです。


症状,子供,病気

症状:まつげが内側を向いて生える、涙や目やにが出やすい、充血


対処,子供,病気

対処法:赤ちゃんや乳幼児の場合はさかさまつげによって
角膜に傷がつくということはあまりありません。
したがって病気とはいっても特別な治療というものはありません。

目やにが多いときは、清潔なガーゼでふいてあげましょう。
3歳過ぎてもさかさまつげが治らない場合や、
内反が強くてまつげで角膜を傷つけているときは
視力の発達への影響が心配なので、手術をすることもあります。


▲このページの先頭へ↑




斜視


こんな病気,子供,病気

斜視は、左右の目の視線が一致せず、
両目で同時に同じ目標点を見ることができない状態です。

目標物から視線がずれているほうの目が斜視の目です。

視力の発達する赤ちゃんから乳幼児期に、斜視のほうの目が使われずにいると、
眼鏡でもよい視力が得られない弱視となって、
両眼視のはたらきの成長が失われることがあります。

黒目の位置は生後3〜6カ月の赤ちゃん期でほぼ安定し、
両眼視(両目で目標物を見ること)は、6歳までにほぼ完成するので、
斜視のほとんどが3〜4歳くらいまでに見つかります。

斜視は片方の目が目標より内側にずれる内斜視、外側にずれる外斜視、
上にずれる上斜視、下にずれる下斜視などの種類があります。

赤ちゃんは、もともと相対的に目と目が離れています。
目と目の間の距離があると、
横を見たときに黒目が内側に入りすぎているように見えることになります。
専門医にみてもらうと、この場合、赤ちゃんでは「偽内斜視」であることが多いようです。

これは、本当の意味での内斜視ではなく、そのように見えるだけなので
成長に伴って気にならなくなりますし、目の機能にはなんの影響もありません。

また斜視には、遠視が原因で起こる「調節性内斜視」もあります。
これは、遠視のメガネをかけることで、斜視を矯正できます。


対処,子供,病気

対処法:生まれつきの先天性内斜視では2歳を目安に手術を行います。
乳幼児のときに、片方の黒目が内側(鼻側)に著しく寄っていることで発見できます。

遠視が原因となる調節性内斜視は、遠視が強い乳幼児にみられます。
普通、近くを見るときには、両方の黒目が内側に寄りますが、
遠視があるとさらに強い調節が必要となり、
そのため、一層両目が寄って内斜視となるのです。

外斜視は、遠くを見たり、疲れてきたりしたときに、特にはっきり目立ってきます。
ふだんは目の位置が問題ない場合が多いので、
視力や両眼視機能は正常に発達することもあり、急いで手術の必要はありません。

調製性内斜視は遠視用の眼鏡をかけると、
近くを見るときに無理な調節をしなくても見えるようになります。
特に目立つようなら、小学校入学前に手術をします。

これ以外の斜視は、目を動かす外眼筋を調節する手術をし、
目の位置を正しく調整します。

両眼視のはたらきをつけるためには、
手術後に視能矯正と呼ばれる目の訓練を行います。
斜視は早く見つけて、適切な治療をすれば、両眼視のはたらきをつけることができます。

また、斜視には網膜芽細胞腫や視神経萎縮など、
重大な病気が隠れている場合があります。
少しでもおかしいと感じたら小児科医に相談し小児専門眼科を
紹介してもらい受診しましょう。


▲このページの先頭へ↑




涙目(鼻涙管閉塞)


こんな病気,子供,病気

涙目は鼻涙管閉塞ともよばれ、目から鼻への涙の通り道が詰まって
涙があふれて目やにが多くでる病気で赤ちゃんに多く見られる症状です。

涙を出す涙腺は、目じりの側のまぶたの上にあります。
涙腺で作られた涙は、目の表面をうるおし、
目頭にある涙嚢に入り、鼻涙管を通って鼻に抜けて出ます。

ところが、赤ちゃんによっては鼻涙管から鼻腔に通じる部分に、
膜が残ってしまっていることがあります。
目をうるおしている涙が排出されずに、目にたまって外にこぼれてしまいます。
これが先天性鼻涙管閉塞という病気です。

赤ちゃんは鼻涙管が細いので炎症が起きやすいうえに、
涙嚢にたまった涙には細菌が繁殖しやすく、そうなると目やにがたくさん出ます。
これを新生児涙嚢炎といいます。

生後間もないころから
「どうも目やにが多い」
「ふいてもふいても目やにがたまる」
といった赤ちゃんを診察すると、
実は先天性鼻涙管閉塞だったということがよくあります。

しかしながら、赤ちゃんはもともと鼻涙管が細く、
閉塞を起こしていない正常な赤ちゃんでも新生児涙嚢炎になることはよくあります。


症状,子供,病気

症状:目やにが多い、ふいてもふいても目やにがたまる


対処,子供,病気

対処法:赤ちゃんはもともと鼻涙管が細く、正常な赤ちゃんでもよくある症状です。

まずは、お湯に浸した清潔なガーゼで、
目やにをこまめにふき取り、様子を見てみましょう。

このようなケアでおさまれば心配はないでしょう。

しかし、症状がおさまらず、目がはれたり、赤くなったり、
目頭を押すとうみが出てくる場合は眼科を受診しましょう。

新生児涙嚢炎になると、まず涙嚢に水を通し、鼻涙管が通るようにします。
この処置を1週間に1回程度おこない、抗菌剤の点眼薬を使います。

このとき家庭では、眼科で指導してくれる目頭のマッサージも同時に行うと効果的です。

これを3カ月ほど続けても通らない場合は、
プジーという細い針金を目頭に通して鼻涙管の膜を破る治療をします。


▲このページの先頭へ↑




ものもらい(麦粒腫)


こんな病気,子供,病気

ものもらい(麦粒腫)は、まぶたの縁にある脂腺などに
黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して起こる
化膿性の炎症で乳幼児や子供もなりやすい病気です。

ものもらい(麦粒腫)の症状は、
はじめにまぶたの縁の皮膚が赤く腫れ、
かゆみや痛みを伴います。

症状はしだいに強くなり、
耳前のリンパ節が腫れたり、
顔半分が腫れたり頭痛を起こしたりもします。

さらに進むと表面に膿をもった点が現れ、
この頂点から膿が出るようになります。

ものもらい(麦粒腫)は、痛みやかゆみがありますが
失明などの重篤な症状につながることは、ほとんどありません。

「ものもらい」などの名前から
伝染病のような印象を受けますが、
他の人にうつりやすい病気ではありません。

しかし、細菌感染であるため何らかの原因で
細菌が目へ入った場合には感染する可能性があります。


症状,子供,病気

症状:まぶたの炎症をおこし痛みやかゆみがでる


対処,子供,病気

対処法:ものもらい(麦粒腫)は放置せず、眼科で治療を受けましょう。

ものもらい(麦粒腫)の原因菌は黄色ブドウ球菌がもっとも多いため、
これに効果のある抗生物質を内服薬や点眼薬を用いて治療がおこなわれます。

また、化膿したときは、切開して膿を出すこともします。

通常は2〜3日で症状は治まりますので
患部を清潔に保ち、不潔な手で触ったりしないようにしましょう。

ものもらい(麦粒腫)という病気は膿が出ると治ります。

しかし、膿を無理に押し出そうとしたり、
強くこすったりすると炎症が広がるので気をつけましょう。

また、ものもらい(麦粒腫)は栄養不足など環境によっては
再発することもありますので家庭でもバランスのとれた食事を心がけることが大切です。


▲このページの先頭へ↑







スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

子供の病気[部位別] 一覧


スポンサードリンク


学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ