アレルギーによる子供の病気。アレルギーによる病気の子供の症状や対処法について。アトピーや花粉症、じんましん(蕁麻疹)など病名一覧。

子供の病気「アレルギーによる病気」症状と対処

子供の病気「アレルギーによる子供の病気」アトピーや花粉症、
じんましん(蕁麻疹)などアレルギーによる子供の病気について
病名一覧と症状や対処法を掲載しています。子供のかかりやすい
アレルギーによる病気の病名を調べて症状や対処法を知ることができます。

スポンサードリンク



トップページ



マークについて
クリックでメニューが開きます
ダブルクリックで再び閉じます

子供の病気病名検索

子供の病気[病名検索]

子供の病気症状別

[発熱]が主な病気

[発疹]がでる病気

[せき]がでる病気

[嘔吐]をする病気

[下痢]をする病気

子供の病気部位別

子供の病気[部位別]

乳幼児の予防接種

乳幼児予防接種

戸田市の小児医療

戸田市の小児医療

事故やケガの応急手当

事故ケガ・応急手当

よく見られているページ

リンク

当サイトについて



【このページをブックマークに登録】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク
はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク
del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク


  アクセスカウンター
昨日 本日

      スポンサードリンク


トップページ > アレルギーによる子供の病気

アレルギーによる子供の病気「病名・症状・対処法」



アトピー性皮膚炎 アレルギー性鼻炎 花粉症
食物アレルギー じんましん(蕁麻疹)



アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット総合デパート

アトピー性皮膚炎


こんな病気,子供,病気

アトピー性皮膚炎は、痒みの強いアレルギー性湿疹の病気です。

乳幼児や子供の場合、食べ物・発汗・ダニ・花粉・ほこりなどが
アレルギーの原因であるといわれています。

アトピー性皮膚炎は
皮膚が乾燥してカサカサになり外からの刺激に対するバリア効果が低下します。

そのため、医師の指導により
保湿剤、ステロイド剤、抗アレルギー剤などを処方してもらい治療します。


症状,子供,病気

症状:強い痒みの湿疹、皮膚(湿疹)が乾いてカサつく
皮膚のやわらかい部分(頭、顔、首、ひじの内側、ひざの裏側)に湿疹ができる


対処,子供,病気

対処法:医師に湿疹の原因を調べてもらい、治療します。

保湿剤、ステロイド剤、抗アレルギー剤などを処方してもらい症状をコントロールします。

アトピーでお悩みの方はここへ

▲このページの先頭へ↑




アレルギー性鼻炎


こんな病気,子供,病気

アレルギー性鼻炎は、鼻アレルギーともよばれ、
かぜでもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどを起こします。
目の痒みを伴う場合もあります。

花粉症など季節性のアレルギー性鼻炎のほか
季節には関係なく一年中起こる通年性(非季節性)アレルギー性鼻炎があります。

通年性アレルギー性鼻炎の原因として最も多いのはハウスダストです。

ハウスダストとは寝具、敷物、衣類などから出る塵やほこり、人やペットの毛やフケ、
ダニ、カビ、細菌などさまざまなものがあります。


症状,子供,病気

症状:くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒み、流涙、頭痛、嗅覚障害


対処,子供,病気

対処法:アレルギーの原因となる物質を取り除くことが重要です。

部屋の掃除をこまめにおこないハウスダストをためないようにしましょう。

医師の処方に基づき
抗ヒスタミン薬、副腎皮質ホルモン薬、抗アレルギー薬を服用することも有効です。

またアレルギーの原因物質に少しずつ慣れさせ、
体質を変えていく方法もおこなわれます。


▲このページの先頭へ↑




花粉症


こんな病気,子供,病気

花粉症は植物の花粉が原因となって起きる季節性アレルギー性鼻炎です。

代表的な花粉はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどで
アレルギー反応によって鼻づまり、鼻水、くしゃみ、涙、目のかゆみなどの
症状が出る子供もかかりやすい病気です。


症状,子供,病気

症状:鼻づまり、鼻水、くしゃみ、涙、目のかゆみ


対処,子供,病気

対処法:原因となる花粉を吸い込まないように気をつけることです。

花粉が多い時期・時間の外出を避けて、マスクを着用します。
外から帰ってきたら、衣服についた花粉をはたき落とします。
外に干した布団は、花粉をはたき落としてから取りこみます。
部屋のそうじをこまめにおこなうことも大切です。

主な治療法は
抗アレルギー剤を服用したり点鼻薬や抗ヒスタミン剤で、症状をやわらげます。

アレルゲンがはっきりわかっている場合は減感作療法もおこなわれる場合があります。


▲このページの先頭へ↑




食物アレルギー


こんな病気,子供,病気

食物アレルギーのアレルギーとは
「過剰な反応」という意味で、そのしくみは抗原抗体反応によるとされています。

原因となる食物(アレルゲンまたは抗原)が、からだの中に入ると抗体ができます。
この抗体に、再びアレルゲンである食物をとると、アレルギー反応が起こります。
特定の食べ物を食べたときに、
アレルギー症状が出る乳幼児と子供がなりやすい病気です。

症状は嘔吐、下痢、じんましん、皮膚炎といろいろあります。
その中には、呼吸困難などで命にかかわるような場合もあります。
食物アレルゲンとしては、卵・牛乳・大豆が圧倒的に多く
これらを3大アレルゲンと呼んでいます。

個人差があるため、ほかの食品がアレルゲンの場合もあります。
何がアレルゲン(アレルギーの原因)になっているかは、医師に相談して特定します。


症状,子供,病気

症状:アトピー性皮膚炎の増悪、じんましん、鼻水、くしゃみ、喘鳴、ぜんそく、
腹痛、嘔吐、下痢、呼吸困難


対処,子供,病気

対処法:食物アレルギーを起こさないためには、
卵・牛乳・大豆などアレルゲンであるとわかっている食品は食べないことが基本です。

以前にひどいアレルギー症状を起こした食物は、絶対にとってはいけません。

乳幼児は消化機能が未熟なため、大きい分子のたんぱく質のまま吸収されて、
アレルギーを起こすと考えられています。
つまり、食物アレルギーのアレルゲンはたんぱく質です。

とはいえ、特定のたんぱく質を含む食物を除去することは、
発育中の子供にとって慎重に行わなければならないので、
自己判断しないで医師と、よく相談することが大切です。


▲このページの先頭へ↑




じんましん(蕁麻疹)


こんな病気,子供,病気

じんましん(蕁麻疹)は体じゅうどこにでも突然あらわれ、
かゆみが強く皮膚が赤く少し盛り上がる発疹で
2歳以上の乳幼児や子供がなりやすい病気です。

じんましん(蕁麻疹)の発疹は数時間から半日くらいで消え、
形は、丸いものから、不規則な地図のようなものまでさまざまです。
また、大きさも2〜3mmくらいから、手のひら以上の大きさまであります。

1カ月以上毎日のようにつづく場合を慢性じんましん(蕁麻疹)、
それほどまでならずに治るものを急性じんましん(蕁麻疹)といいます。

急性じんましんでは薬や食品、そのほかの吸入抗原、
感染症の病巣などの体内に入るものによるアレルギー反応によることが多く、
時間とともにそれらが体外に排出されると治まります。

慢性じんましん(蕁麻疹)では、
全身の異常(内臓の病気、便秘、下痢、疲労、睡眠不足など)や、

特殊なじんましん(蕁麻疹)寒冷じんましん、温熱じんましん、日光じんましん、
コリン性じんましん、人工じんましんなど)によります。

皮膚以外でも、くちびる、口の中、のどの奥などに出ることがあります。


症状,子供,病気

症状:赤く盛り上がった発疹、強いかゆみ


対処,子供,病気

対処法:じんましん(蕁麻疹)の原因になる食品がはっきりしている場合は、
それを摂取しないことが大切です。

アレルギーを起こしやすい食品として、
卵、牛乳、魚、そば、エビ、カニ、イカ、ピーナツなどがあります。

かゆみをやわらげるには、冷水でしぼったタオルや保冷材で冷やします。
のどにじんましん(蕁麻疹)ができて、声がかすれる、のどがヒューヒュー、
ゼーゼーする、息が苦しいというような症状すぐに受診しましょう。

医師の指示に従い、
かゆみ止めの注射や抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を内服します。

特殊なじんましん(蕁麻疹)は、原因により治療が異なりますので、
医師の指示に従いましょう。


▲このページの先頭へ↑







スポンサードリンク



子育てハッピーアドバイス 小児科の巻
知っててよかった小児科の巻 病気の疑問から食事トイレの悩みまで疑問に答えます
赤ちゃんと子どもの病気とホームケア0〜6才
大判で写真が多く先輩ママの病気体験談がためになる最新子どもの病気事典。

赤ちゃん・子ども病気百科最新版 
症状、治療、ホームケアのコツが写真とイラストでわかりやすい!小児医療の最新情報。
すぐに引ける子どもの病気がわかる事典 
原因・治療法がわかる。病院へ行くべきか、自宅で治すべきか、とっさの判断がこの1冊で
最新0〜6歳赤ちゃんと子どもの病気事典
ママを応援する安心子育てシリーズ。ケース別気がかりQ&Aも充実しています

子供の病気[部位別] 一覧


スポンサードリンク




堤下も発症 長引く「じんましん」と手を切れる新薬の効果
…たらない「特発性じんましん」(広島大学じんましん患者260人の集計から)だという。「特定の刺激であれば、それを避けていれば、じんましんは起こりません。
海のゴミ「アカモク」が、ヒット商品になろうとしている背景
…「アカモク雑炊」を提供している。2017年3月にはNHKの『あさイチ』で花粉症の症状をやわらげる「スーパーフード」として紹介されたことが大きな話題にな…
卵アレルギー、生後6か月から微量摂取を推奨
…とはきわめて危険であるため、「食物アレルギー診療ガイドライン2016」に準拠した対応をすべきだという。 アトピー性皮膚炎と診断された場合は、生後6か月…
アレルギー予防のため、生後6か月から卵摂取を…学会が提言
…が根強い中、大きな転機になりそうだ。 提言では、離乳食を始める前のアトピー性皮膚炎の診断を必須とした。アトピーで皮膚のバリア機能が弱くなると、そこから…

学資保険・こども保険を保険市場で簡単シミュレーション

▲このページの先頭へ↑











ブックマークしておくと便利です
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク

お気に入りに追加

  はじめての方へ